外為

2011年03月18日

いびきの原因・防止 いびき改善方法



正しいいびき改善方法とは?


個人差があるように
タイプが異なれば解決方法も異なります。


大きく3つのタイプに分けられます。
まずあなたのタイプを見極めましょう。



1.いびき+「ストレス」タイプ
不規則な生活やストレス・過労でいびきがひどくなっているタイプです。
遅くまで塾等で勉強している受験生や昼間にはしゃぎ過ぎた子供が夜に大きな音の
いびきをかくことがありますが、これは過労・ストレスによるものです。
子どもだけではなく大人にも同様に当てはまります。
まずは、少しでも良いので休憩をとることが重要となってくるタイプです。


2.いびき+「肥満」タイプ
肥満が主な原因になっていびきをかいているケースです。
IBM(肥満指数=体重÷身長の2乗)の値が30を超えているような場合は
肥満タイプに当てはまっている可能性がありますが、ただ単にダイエットすれば
いびきが治るわけではありませんのでご注意ください。
運動不足のかたも肥満タイプに当てはまります。


3.いびき+「骨格」タイプ
主に体の骨格が原因でいびきをかいているケースが骨格タイプになります。
首が太い、歯並びやかみ合わせが悪いなどの自覚がある方が当てはまります。
鼻の形状などの原因もあり、鼻筋が広い、だんごのような形状の鼻をしているなど
このケースの方は骨格タイプを疑ってよいと思います。
いびきのタイプとしても日本ではもっとも多いタイプとなります。



タイプが分かったところで、その原因です。

原因が分からなくては対策のしようがありません。

問題や原因が分かれば解決したようなものです。

タイプごとの主ないびきの原因はこちらです。


1.いびき+「ストレス」タイプの原因点
疲れてきたり、ストレスが溜まってくると体はより多くの酸素を体内に
取り込もうと呼吸が早く激しくなってきます。そのために睡眠中のいびき音が
発生しやすくなるのです。ストレスタイプの方はいびきの音や種類によって
おおまかな原因の把握が可能です。ただ、異音や特別大きないびき音の場合は
注意しておいてください。


2.いびき+「肥満」タイプの原因点
肥満がいびきの原因となっているタイプです。肥満がいびきの原因となるのは
基本的に肥満体質の方は通常の体型にくらべて多くの酸素を必要とするために
たくさんの酸素を吸いこもうと呼吸の回数と深さが上がるのが原因でいびきが
発生するといった具合です。さらに肥満体質で運動をあまりされない方は特に
筋肉がゆるんでしまっていびきの原因となりやすくなります。


3.いびき+「骨格」タイプの原因点
骨格タイプといっても様々な種類があります。体の歪みが原因でいびきを発症して
いるケースや首の太さによる原因で上気道の内側に贅肉ついていて気道を狭くして
いる場合などです。根本原因を見つけることが1番大切となってきます。
根本原因を見つけずに軽い判断でいびき改善をしてしまうと無呼吸症候群を
発症してしまう危険性もありますので十分に注意をしてください。



あなたの原因がわかりましたか?
いびきにはさまざまな原因が考えられますが
多く起きている症状を参考にされると良いと思います。



>>いびきの原因・防止!ミフネ式いびき改善方法




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。